T28重戦車

大学選抜

第二次大戦中、米国から欧州に戦車を運ぶには船に載せる必要があり、M4中戦車は輸送効率こそ高かったものの性能は凡庸だった。T20系列はより強力な中戦車を目指して開発が始まり、その構造を流用してドイツの重戦車に対抗できる車輌として試作されたのがT28である。約86tの重量を支える片側2列の履帯は、外側の取り外しが可能。だが、重量のわりにエンジン出力が低く、2輌の試作のみで製造は終了した。

スペック

国籍 アメリカ
製造 パシフィック・カー&ファウンドリー社
乗員 4名
エンジン フォードGAF V型8気筒液冷ガソリン
重量 86.2t
全長 11.1m
全幅 4.39m
全高 2.84m
履帯幅 49.5cm(片側各2本計4本)
超壕能力 -
渡渉水深 1.67m
変速機 前進3速後進1速
最高速度 約13km/h(実測値)/19km/h(カタログデータ)
航続距離 160km
主砲 65口径105mm砲 (砲弾:62発)
副武装 12.7mm M2重機関銃×1(劇中試合では取り外されている)
照準器 T139およびM10E3
装甲 25~305mm
生産数 2輌

※このスペックは、すべて大学選抜チームに存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP