38(t)戦車B/C型

大洗女子学園

/ カメさんチーム(生徒会チーム)

1934年にチェコ陸軍向けに開発指示が出された車輌だが、39年に同国がドイツに併合されると、本車もドイツで使用された。故障が少なく信頼性が高かったので、戦車が不足していたドイツでは主力戦車同様に使用された。砲塔が狭く、車長が砲手を兼ねており、また砲塔旋回が手動だったのはネックで、また小型ゆえに発展性にも乏しく、次第に自走砲などに姿を変えていった。

スペック

国籍 チェコ
製造 ČKD社
乗員 4名
エンジン プラガEPA 4ストローク直列6気筒液冷ガソリン
重量 9.5t
全長 4.61m
車体長 4.61m
全幅 2.14m
全高 2.4m
履帯幅 29.3cm
超壕能力 1.8m
渡渉水深 1.6m
変速機 前進5速後進1速
最高速度 42km/h(路上)
航続距離 250km(路上)/160km(不整地)
主砲 37mm KwK38(t) L/47.8(主砲弾:72発)
副武装 7.92mm MG37(t)×2
照準器 TZF(t)
装甲 8~25mm
生産数 325輌(D型含む)

※このスペックは、すべて大洗女子学園に存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP