Ⅳ号戦車D型

大洗女子学園

/ あんこうチーム

1935年にドイツ国防軍の指示によって、4社での競争試作を勝ち抜き、採用された火力支援用の戦車。各国戦車の装甲強化に伴い、それまで対戦車用として使用されていたⅢ号戦車では砲力が不足したので、スペースに余裕がある本車に75mm長砲身砲を搭載した。結果的に、新型戦車が登場しても、主力戦車として大戦末期まで活躍、ドイツで最も生産された戦車となった。

スペック

国籍 ドイツ
製造 クルップ社
乗員 5名
エンジン マイバッハHL120TRM V型12気筒液冷ガソリン
重量 20t
全長 5.92m
車体長 5.92m
全幅 2.84m
全高 2.68m
履帯幅 38~40cm
超壕能力 2.6m
渡渉水深 0.8m
変速機 前進6速後進1速
最高速度 40km/h(路上)/19km/h(不整地)
航続距離 200km(路上)/140km(不整地)
主砲 75mm KwK37 L/24(主砲弾:80発)
副武装 7.92mm MG34×2
照準器 TZF5b
装甲 10~35mm
生産数 229輌

※このスペックは、すべて大洗女子学園に存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP