M24チャーフィー軽戦車

大学選抜

M3/M5軽戦車では各国の戦車と比較して火力不足となり、T7が開発された。だが、重量が膨らみ中戦車扱いとなったことで、より軽量で速度と機動力に優れ、砲力もあって扱いやすい車輌として開発されたのがT24である。M5軽戦車のエンジンとM18自走砲のトーションバー式サスペンション、T7の車体レイアウトなどを踏襲、主砲に航空機用軽量75mm砲の改良型を搭載して、1943年10月に試作1号車が完成している。

スペック

国籍 アメリカ
製造 ジェネラル・モータース社、マッセイ・ハリス社
乗員 5名
エンジン ツインキャデラック44T14V型8気筒並列(計16気筒)液冷ガソリン
重量 18.4t
全長 5.56m
全幅 2.99m
全高 2.76m
履帯幅 40.6cm
超壕能力 2.43m
渡渉水深 1.02m
変速機 前進8速後進4速
最高速度 56km/h(路上)
航続距離 160km
主砲 39口径75mm砲 (砲弾:48発)
副武装 7.62mm M1919A4機関銃×2
照準器 M71GまたはM83FおよびM4A1またはM16
装甲 13~38mm
生産数 4,731輌

※このスペックは、すべて大学選抜チームに存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP