九七式中戦車(新砲塔)

知波単学園

日本の中戦車。秘匿名称チハ。 火力不足が明らかになった九七式中戦車の主砲を、対戦車戦闘を念頭に47mm戦車砲に換装したタイプ。口径は小さくなったものの長砲身化したことで砲弾の初速が上がり、装甲貫徹力が強化されている。この改良によって、条件によってはM4中戦車とも渡り合える能力を獲得した。 主砲の換装に伴って砲塔の設計が全面的に変更されており、旧砲塔型との識別は容易である。

スペック

国籍 日本
製造 三菱重工業他
乗員 4名
エンジン 三菱SA12200VD 4ストロークV型12気筒空冷ディーゼル
重量 15.8t
全長 5.52m
全幅 2.33m
全高 2.23m
最高速度 38km/h(路上)
主砲 一式48口径47mm戦車砲×1(主砲弾:100発)
副武装 九七式車載7.7mm重機関銃×2
装甲 8~25mm
生産数 2,133輌(旧砲塔型含む)

※このスペックは、すべて知波単学園に存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP