超重戦車マウス

黒森峰女学園

ドイツ軍が、ソ連がKV-1、KV-2を超える新型戦車を開発する可能性を考慮し、それを凌ぐ「最強戦車」として開発した。主砲には128mm砲、同軸の副砲に75mm砲を搭載するという極めて強力な武装を誇り、装甲厚も最大240mmという超重戦車で、重量は188tにも及ぶ。しかい、終戦までに完成したのは僅かに施策車輌が2輌で、実戦に参加した試作2号車も、機関の不調のため乗員によって爆破、放棄されている。戦後ソ連が鹵獲した1号車と2号車を組み合わせて走行可能なマウスを再現、現在もクビンカ戦車博物館で展示されている。

スペック

国籍 ドイツ
製造 アルケット社他
乗員 6名
エンジン ダイムラー・ベンツMB509 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
重量 187.998t
全長 12.659m
車体長 9.034m
全幅 3.67m
全高 3.63m
履帯幅 110cm
超壕能力 4.5m
渡渉水深 2.0m
変速機 前進2速後進2速
最高速度 22km/h(路上)/11km/h(不整地)
航続距離 186km(路上)/97km(不整地)
主砲 128mm PaK44 L/55(主砲弾:68発)
副武装 75mm KwK44 L/36.5(副砲弾:200発)、7.92mm MG34機関銃×1
照準器 WZF2/7
装甲 50~240mm
生産数 2輌(製造途中9輌)

※このスペックは、すべて黒森峰女学園に存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP