M26パーシング重戦車

大学選抜

M4中戦車よりも強力な戦車の開発に着手したアメリカが、1945年4月に制式採用した重戦車。だが、アメリカ戦車としては強力だったものの、ドイツのパンターやティーガーⅡに対しては充分といえず、また元々は中戦車でM4中戦車と同等のエンジンしか搭載していなかったことから、機動力や登坂力の低さも問題であった。そのため当初は6,000輌の製造を予定していながら、最終的には2,212輌の製造にとどまっている。

スペック

国籍 アメリカ
製造 フィッシャー戦車工廠、デトロイト戦車工廠
乗員 5名
エンジン フォードGAF V型8気筒液冷ガソリン
重量 41.9t
全長 8.65m
全幅 3.51m
全高 2.78m
履帯幅 61.0cm
超壕能力 2.44m
渡渉水深 1.22m
変速機 前進3速後進1速
最高速度 48.3km/h(路上)
航続距離 160km
主砲 52.5口径90mm砲 (砲弾:70発)
副武装 7.62mm M1919A4機関銃×1
照準器 M71CまたはM83CおよびM10F
装甲 13~114mm
生産数 2,202輌

※このスペックは、すべて大学選抜チームに存在する車輌のもので、他の車輌と異なる場合があります。

TOP