シャーマン・ファイアフライ

サンダース大学付属高校

米国が開発したM4シャーマン戦車をイギリス陸軍が独自に改修。シャーマンは信頼性の高い戦車だったが、ドイツ戦車に対しては攻撃力も防御力も劣っていた。そこで英軍は当時非常に威力の強かった17ポンド砲をシャーマンに搭載し、攻撃力を高めたシャーマン・ファイアフライを戦線に投入した。ファイアフライ登場によって連合軍はパンター戦車と正面から撃ち合える戦車を手に入れた。

スペック

国籍 イギリス
製造 王立造兵廠(ROF)
乗員 4名
エンジン クライスラー A57 30気筒マルチバンク液冷ガソリン
重量 32.7t(戦闘重量)
全長 7.85m
車体長 6.45m
全幅 2.67m
全高 2.74m
履帯幅 42.06cm
超壕能力 2.44m
渡渉水深 1.07m
変速機 前進5速後進1速
最高速度 42km/h(路上)/19km/h(不整地)
航続距離 161km(路上)
主砲 オードナンスQF17ポンド戦車砲MkⅣ・Ⅶ(7.62cm L58.3)(主砲弾:77発)
副武装 12.7mm機関銃 M2×1、7.62mm機関銃 M1919A4×1
照準器 Mk.3/1直接照準器、M38照準ペリスコープ
装甲 38~89mm
生産数 2,134輌(シャーマンVC) 全タイプ合計49,234輌

※このスペックは、すべてサンダース大学付属高校に存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP