Ⅲ号突撃砲F型

大洗女子学園

/ カバさんチーム(歴女チーム)

1936年に歩兵と共に進撃し、敵の防御拠点を破壊する歩兵直協用車輌として、Ⅲ号戦車を元に開発された。Ⅳ号戦車同様、敵戦車の装甲強化に伴い、長砲身砲が搭載され、対戦車車輌となっている。通常の戦車と比べ、砲塔が存在せず、主砲が限定的にしか動かないので、攻撃範囲が狭いが生産性と攻撃力の高さから、ドイツでは多用された。

スペック

国籍 ドイツ
製造 アルケット社
乗員 4名
エンジン マイバッハHL120TRM V型12気筒液冷ガソリン
重量 21.6t
全長 6.31m
車体長 5.52m
全幅 2.92m
全高 2.15m
履帯幅 40cm
超壕能力 2.3m
渡渉水深 0.8m
変速機 前進6速後進1速
最高速度 40km/h(路上)/16km/h(不整地)
航続距離 140km(路上)/85km(不整地)
主砲 75mm StuK40 L/48(主砲弾:44発)
副武装 7.92mm MG34×1
照準器 SflZF1a
装甲 11~80mm
生産数 182輌

※このスペックは、すべて大洗女子学園に存在する車輌の物で、他の車輌と異なる場合があります。

TOP